Spicaの部屋

Saturday - フラワーエッセンス

フラワーエッセンス

◇イベント概要
・Consultation(対面セッション&遠隔リーディング)
・Lecture(1day Seminar & 2days Workshop)
・Special Events(講師をお招きしての特別講座など)

フラワーエッセンス(Flower essence)とは、フラワーレメディー(Flower remedy/花の治療薬)とも呼ばれています。草花や樹木のエッセンス(Essence/本質)を水に転写させた、波動療法(エネルギー療法)の一種です。
イギリスの医学者、エドワード・バッチ博士が発見し体系化したこの療法は、今や世界中で広く知られ、各国で独自のオリジナルエッセンスが作られるようになりました。その中には花(植物)だけでなく、動物や鉱物、自然環境から作られるエッセンスも多くあります。これら自然界のエッセンスは総称して「ネイチャーエッセンス」とも呼ばれています。
フラワーエッセンスやネイチャーエッセンスは、自然界のエッセンスを用いることで、自分自身のエッセンス(本質=魂)を取り戻し、より輝かせていくためのツールなのです。

 
フラワーエッセンス
フラワーエッセンス1
 
フラワーエッセンス2
 
フラワーエッセンス3

プロフィール

planet*plant
フラワーエッセンス・プラクティショナー
木村晃子 Akiko Kimura

占いやスピリチュアル専門の編集・出版プロダクション勤務時代にフラワーエッセンス(フラワーレメディ)と出合い、開発者であるエドワード・バッチ博士の世界観に深い感銘を受ける。
2002年よりフラワーエッセンス・プラクティショナーとして活動をスタート。
フラワーエッセンスの理解には、大自然に身を委ねることが第一と考え、内なる声に導かれながら、国内外を問わずさまざまな場所を訪れている。特に英国やアイルランドなど、ケルトに縁が深い。

 
木村晃子

私は、プラクティショナーを「practitioner=実践する人」ととらえ、まず自らが植物や自然、地球や宇宙のリズムと調和した人生を実践することをテーマに日々を過ごしています。
フラワーエッセンス・プラクティショナーとしての私の仕事は、「自然と調和して、自然のリズムに合わせて、自然体で暮らす」をモットーに、自分らしく生きていこうとする人たちの内的探求のお手伝いをさせていただくものです。
目に見える事象だけに焦点を合わせるのではなく、その背後にある目に見えない世界を感じとりながら、毎日を丁寧に暮らしていく…。植物のエネルギーを通して、個々人が持つ豊かな才能や可能性、魂の使命に気づいていただくことを願っています。

お問い合わせ

専用メールフォーム

inserted by FC2 system