Spicaの部屋

Friday - ヴィーナスのお茶会

ヴィーナスのお茶会

大人の女性の自然な笑顔のために―。
五感で楽しむ「お茶会スタイル」のワークショップ
「ヴィーナスのお茶会」

こんにちは。アーツ・アドミニストレーターの生駒尚美です。「フィオーレの森」にひっそりとたたずむ美しいサロン「スピカの部屋」の金曜日担当オーナーとして、「五感の開花と心の開放」をテーマにした様々なワークショップを開催しています。

プロデューサー/キュレーターとして培った長年の経験と独自の視点によって、主にアートワーク系とフィト(植物)系のセラピーのエッセンスを取り入れながら、大人の女性の美意識と五感に訴えかける「リラックスとリフレッシュの時間」をご提供します。

世界を心地よく変化させるためには、まず、自分自身が「幸せに存在する」ということ――。くつろいだ穏やかな心は周囲の人々に影響を及ぼし、やがては、さざなみのような幸福感の連鎖となって、響きあいながらどこまでも広がってゆくことでしょう。

「ヴィーナス」、すなわち愛と美の女神の名を冠する金星の曜日に、誰よりも早く明るく輝く「宵の明星」を目指し、美しい時間をご一緒できれば幸いです。

 
レインボーウォーター
クレヨン
 
ミントティ
 
ドライハーブ

ようこそ、「本当のわたし」に還る、優しい時間へ――。

色、光、香り、カタチ、リズム、味、手触り・・・

ここは、108の水晶で結界され、「長寿の水」をたたえる不思議の森。
季節感を大切にしながら・・・
童心にかえりながら・・・
新しい出会いを楽しみながら・・・「5つの幸せ」を思い切り楽しんでください。

ハーブティ3種
 

ハッピーその1) 植物のエナジーでリラックス

数百とも数千ともいわれる成分がひとつになって働きかけるハーブは、まるでひとつの小さな宇宙のよう。
ハーブティはもちろん、良い香りのするハンドバス(手浴)やアロマの温湿布で、まずは、心もからだも思いっきりリラックスしましょう。

セラピー木
 

ハッピーその2) ワークで気づく「私の今」「私の夢」

心の9割以上は「無意識」。そして、私たちは、その無意識の領域の大きな影響のもと、自らの人生を創造しているとも言われます。
良い香りや心地よい手触り、綺麗な色を堪能しながら、自分自身のより深い部分との交流を深めてみてください。ひととき童心にかえって描いたり、工作したり、ゲームに興じたりすれば、忘れていたクリエイティブな自分に出会えるかもしれません。

桜餅
 

ハッピーその3) 美味しいおもてなしで季節を感じる

「十三夜のお茶会」「モミの木のお茶会」「桜のお茶会」など、四季折々のテーマを設けて演出します。
「フィオーレの森」誕生のきっかけでもある「星の井戸」からくみ上げた「長寿の水」でお茶をお淹れするのはもちろん、四季折々の美味しいお菓子にもご期待ください。

ハート握手
 

ハッピーその4) 素敵な出会いが絆をつむぐ

アートやファッション、音楽や料理など、クリエイティブな世界にかかわる参加者が多いのも、このお茶会の特徴のひとつ。参加者の方にワークのインストラクターをお願いすることもあります。
もちろん、専業ママや学生さんの参加も大歓迎です。素敵な出会いと絆をお楽しみください。

ハッピーその5) 気がつくと、ちょこっと社会貢献

参加費の一部を「ハタチ基金」に寄付します。「ハタチ基金」とは、東日本大震災発生時に0歳だった赤ちゃんが、無事にハタチを迎えるその日まで、被災孤児、および被災地の子どものこころのケアに合わせ、学びや自立の機会を継続的に提供する期限付きの基金です。
http://www.hatachikikin.com/

プロフィール

「ヴィーナスのお茶会」主宰
生駒尚美 Naomi IKOMA (@FromSirius)
アーツ・アドミニストレーター/エッセイスト/ワークショップ・ファシリテーター

1964年生まれ。旧・大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)卒業。幼少時より、心の深層のシンボルとしての民族的伝承に強い興味を持ち、学生時代を通じて口承文芸や神話などについて学ぶ。

1987年より、セゾングループの文化担当。美術館や多目的ホールの企画・運営および芸術助成事業に携わった後、2003年に独立。大型の生活文化展やイベントを企画制作するかたわら、イメージ戦略上のコンサルティングなども行っている。

 
生駒尚美

主要なプロジェクトに、原作デビュー80年記念『くまのプーさんからのメッセージ展』クリエイターズ・ゾーン(2004年〜2005年/於:新宿高島屋 他)、『ジャパンファッションフェア・イン北京2008-CHIC』(2008年3月/JETRO主催)、『久保田一竹と川崎景太展』テーマ・インスタレーション“Voices of the Earth”(2009年1月/於:松屋銀座)他、多数。

一方で、アート&フィト(植物)セラピー系ワークショップのファシリテーターとしての顔も持ち、独自の視点によるエッセイやコラムも多数執筆。著書に『美しき絆のビジネス〜仕事で幸せになる秘訣〜』(繊研新聞社)がある。多種多様な活動の根底には、「五感の開花」「人間本来の創造性」「幸福感」といういくつかの共通テーマが通底しており、「ヴィーナスのお茶会」もそのテーマに基づいて企画されている。

日本アートマネジメント学会正会員。社団法人日本フィトセラピー協会正会員。

お問い合わせ

グレイシーズ・インタルード 担当;森田
メール;sirius703(at)auone.jp  (at)を@に変えて送信してください。
FAX;044−799−3159

スケジュールなどの企画詳細については、
1. お名前 2. メールアドレス 3. ご職業 4. 年齢 5. ご興味のあるジャンル
をお書き添えの上、上記までお問い合わせくださいませ。

なお、グループでのお茶会スタイルのワークショップを基本としていますが、ルーンによるリーディングも含め、個人セッションもアレンジいたします。(3000円〜 内容は応相談)

inserted by FC2 system